アトピー・喘息対策リフォームICAS


リフォームのダイチHOME > 健康リフォーム「木炭塗装」 > アトピー・喘息対策リフォームICAS

アトピー・喘息対策リフォームICAS

空気デザインシステム アイキャスICAS Ion・Control・Adapter・System
アトピーや喘息とたたかうお部屋づくり
清々しい室内の空気のイメージ画像 空気が健康に及ぼす影響の説明動画

私たちの体に有害な「活性酸素」を抑制する抗酸化環境のお部屋を作るアイキャス

アイキャスとは木質炭素の力を最大限利用した「液状活性触媒炭」ヘルスコートを通電回路として、室内壁面に塗装したものと金属製カプセル「アダプター」とを接続、壁面に塗装された木炭塗装「ヘルスコート」面がマイナスに帯電し、室内の空気中に存在しているプラスに帯電した物質(ホコリ・VOC・花粉・ハウスダスト・タバコの煙など)を壁面にひきつけてマイナスイオンを空気中に多く残して、室内の空気イオンバランスをコントロールするシステムです。

室内の木炭塗料ヘルスコートを塗装した面には、地中に埋設されたアダプターから電子の供給が行なわれます。こうして負に帯電することで空気中の正の電気を持つ正イオンをひきつけ、室内の空気質を変えることができます。
アトピーやぜんそくの元と戦うお部屋作り
アイキャス施工実例
実例紹介 血圧が1ヶ月も経たないのに下がりました。今年の健康診断が楽しみ! 東京都Yさま 施工事例はこちらをクリック 施工事例 アイキャス環境で音響効果が高まり、観葉植物が蘇った住まい! 動画(約1分)
お客様の声 ひどい肩こりが解消!冷え症に効果!喘息にいいみたい! 埼玉Nさま 動画(約2分) ダイジェスト版 工事後半年たちました、今は偏頭痛薬は飲んでいませんし娘のアトピーのカ痒みも無い.. 動画(約1分)
アトピーやぜんそくの元と戦うお部屋作り
アイキャスの工事詳細
木炭塗料「ヘルスコート」を室内に塗布   アイキャス アダプターを地中に埋設
木炭塗料を扉部分に塗装している様子 木炭塗料を塗り終わった状態 + 地面に突き刺された状態のアイキャスアダプター 地面に埋設された状態のアイキャスアダプター  
 

アイキャスの寝室、書斎の施工イメージ。アイキャスアダプターを地中に埋設し、外部アンテナは地上に設置されている。

■ 木炭塗装の表面に通気性クロスを貼って仕上げます。

アトピーやぜんそくの元と戦うお部屋作り
アイキャス体験ルーム試験農場ののご案内
 
体験館を見学している様子の動画
世田谷区上馬「アイキャス体験館」
  動画(約1分)
  • 築25年の住宅を再生
  • 青く蘇った古畳
  • 植物生長の効果実験
 

収穫された作物の画像
長崎県「アイキャス農業試験場」
アイキャスは農作物の生長にも
効果があります。
動画(約1分)
  • 葉が違う元気な胡瓜
  • イチゴも生長しています
  • 化学肥料を使わない安心農業


ダイチ 本社4F
「体験ルーム」

TEL:03-5828-7311

炭塗装された会議室の画像 体験ルームで遊ぶ子ども

ダイチ
ハウスクエア横浜
「体験ルーム」

TEL:045-914-0033

ハウスクエア横浜店の画像。外観も炭塗装されている ハウスクエア横浜店の室内の画像。全面炭塗装されている
  • 体験ルームは混雑が予想されます。ご希望の方は、各体験ルームまでお電話のうえ、
    ご来場くださいますようお願い申し上げます。開場時間 10時~17時
アトピーやぜんそくの元と戦うお部屋作り
アイキャスの効果報告
空気バランスコントロール効果を医学博士が著書で発表
新聞に驚きの効果が多数掲載されています
健康体験レポート

Wikipedia フリー百科事典より

 

アトピーとは
アトピー性皮膚炎 (英語:atopic dermatitis) とは、湿疹(皮膚の炎症)を伴うもののうち、アレルギー反応と関連があるもの。先天性の過敏症の一種。アトピーという名前は「奇妙な」「原因不明の」という意味のギリシャ語「アトポス」から由来。医学用語としては気管支喘息、鼻炎などのほかのアレルギー疾患にも冠されるが、日本においては慣用的に「アトピー」のみで皮膚炎のことを指すことが多い。
アトピー性皮膚炎は、アトピー型気管支喘息、アレルギー性鼻炎、皮膚炎の蕁麻疹を起こしやすいアレルギー体質(アトピー素因)の上に、様々な刺激が加わって生じる痒みを伴う慢性の皮膚疾患と考えられている。患者の約8割は5歳までの幼児期に発症する。従来学童期に自然治癒すると考えられていたが、成人まで持ち越す例や、成人してからの発症・再発の例が近年増加している。これについては、人口密度や住宅環境の変化が要因であるとする意見や、軽症患者の医療機関への受診が増えたことを指摘する意見がある。
アトピー性皮膚炎のガイドラインには、厚生労働省によるものと、日本皮膚科学会によるものがある。厚生労働省診断ガイドラインは皮膚科医に限らず広く一般の臨床医に参照すべきものとして作成されている。「改善が見られない場合は専門医に任せるように」としているように、プライマリーケアの意味合いが強い。一方、日本皮膚科学会診断ガイドラインでは、皮膚科医が参照すべき内容になっている。主に皮膚の病変に着目した内容になっており、より厳密な診断基準になっている。このように2種類のガイドラインがあり、治療内容にねじれが発生する可能性もある、という意見もある。

 

ぜんそくとは
気管支喘息(きかんしぜんそく、Bronchial Asthma)とは、アレルギー反応や細菌・ウイルス感染などが発端となった気管支の炎症が慢性化することで、気道過敏性の亢進、可逆性の気道狭窄をおこし、発作的な喘鳴、咳などの症状をきたす呼吸器疾患。喘息発作時にはこれらの症状が特に激しく発現し、死(喘息死)に至ることもある。単に「喘息」あるいは「ぜんそく」と記す場合、一般的には気管支喘息のことを指す。
なお、うっ血性心不全により喘鳴、呼吸困難といった気管支喘息類似の症状がみられることがあり、そのような場合を心臓喘息と呼ぶことがあるが、気管支喘息とは異なる病態である。
環境刺激因子(アレルゲン)、寒気、運動、ストレスなどの種々の刺激が引き金となり、これらに対する過敏反応として、気管支平滑筋、気道粘膜の浮腫、気道分泌亢進などにより気道の狭窄・閉塞が起こる。気道狭窄によって、喘鳴、息切れ、咳などの症状を認める。喘息発作時にはこれらの症状が激しく発現し、呼吸困難や過呼吸、酸欠、体力の激しい消耗などを伴い、時には死に至ることもある。

アトピー型の喘息患者が発作を引き起こすのはI型アレルギーにより化学伝達物質が発生するためである。その誘因は、細菌・ウイルス感染、過労、ハウスダスト(埃・ダニ・花粉・カビなど)・食物・薬物などのアレルゲン、運動、タバコ、アルコール、気圧変化、精神的要因などさまざまである。

小児喘息において、ダニは枕投げなどで舞い上がり気管支喘息を悪化させることが知られている。しかし、シドニーの調査により発生率には影響しないと報告された。かつて言われていた掃除の徹底は、ダニを完全に排除することは不可能なため、通常の掃除と同じでよいとされている。

一方、非アトピー型の気管支喘息の病態生理は、まだはっきりしていない。

ダイチお客様窓口フリーダイヤル0120-373-320